ギャラリー間

最終更新: 2019年8月14日




森美術館の後、乃木坂にあるギャラリー間に向かいました。

中山英之展「,and then」に会期ギリギリの滑り込みです。


展示数は少ない印象でしたが、二部構成から成る約一時間の映像は感慨深いものでした。

竣工後の建物の在り方、使われ方が赤裸々にスクリーンに映し出されていました。

一見、これは見せても良いものなのか?と疑問に感じましたが、

住まい手が、愛着を持って暮らしている事がよく分かりました。

だからこそ、映像の撮影に協力しているのだと。


「,and then」と題がある様に、建築家、設計者、施工業者の手から離れた建築の姿がテーマだった為、展示数が厳選されている事にも納得します。


竣工後、どの様に建物が使われるのか、その中で傷が付いたり、汚れたりするのか、

それが悪い事なのか、または良い事なのか。

メンテナンスとは、違う視点で建築の時間の経過を考えさせられる展示でした。

042-981-8009

〒350-1226 埼玉県日高市中沢519

©2019 by 坂利春建築研究所.