042-981-8009

〒350-1226 埼玉県日高市中沢519

©2019 by 坂利春建築研究所.

  • Toshiharu Saka

住宅の外壁メンテナンス

最終更新: 2019年10月19日



今回は住宅のメンテナンス方法や費用などを、ブログでご紹介しようと思います。

ちょうど私の住まいの外壁もメンテナンス中です。


住宅の外壁のメンテナンスは、外壁の種類によって違いもありますが、

大半は塗装によるメンテナンスとなります。

左官壁などは塗装のメンテナンスは基本的には不可能ですが、撥水剤を塗布する事もあります。


弊所では注文住宅をお考えの方に、メンテナンスも考慮した建材の提案をしています。

5年、10年とある程度のスパンで建物はメンテナンスが必要となります。

メンテナンス期間が比較的長いガルバリウム鋼板の外壁もオススメですが、板貼りも勧めています。

木材を外壁に使用すると、メンテナンスが大変なイメージもありますが、住まい手自身がメンテナンスできる部分に使用すれば、ご自身でメンテナンスが可能となり、メンテナンスコストを下げる事にも繋がります。

現在工事中の埼玉県狭山市の注文住宅は、この考え方で外壁を決定しました。


気になるのはコストだと思いますが、足場と塗装の費用は絶対なので、規模にもよりますが50万から100万円弱の幅になります。

平屋住宅で計画すれば、足場の費用も軽減する事が可能です。


長く住む住まいです。ご計画の際からメンテナンスを意識して、一緒に計画を進めていく様に心掛けて打ち合わせを行なっています。


他にも屋根やバルコニーなどのメンテナンスもありますので、また別の記事でご紹介出来ればと思います。