坪単価の話

最終更新: 2019年10月19日



注文住宅の問い合わせを頂く際に、坪単価を聞かれる事があります。

新築時の坪単価は一般的には、建築コスト(円)/延べ床面積(坪)となります。

しかしながら、外構計画を含んで考えたり、人によっては総コスト(円)/敷地面積(坪)と計算される方もいらっしゃいます。


また、平屋住宅が二階建てと比べて、坪単価が高くなる理由として、

トイレやキッチン、お風呂などの衛生設備は二階建てと変わらず必要になりますし、

基礎や屋根も当たり前ながら必要になります。

二階建てと比べて、坪単価が高くなる要因は設備機器や建築としての最低限の機能は二階建てと変わらない点にあります。

しかし、延べ床面積は平屋住宅の方が少ない為、総コストは安価に収まる場合が多いです。


ただ注文住宅を計画する際に、坪単価にこだわってしまうと、それこそ建売住宅と変わらなくなってしまいます。

弊所では、打ち合わせを重ね、プランをする際に何処にお金をかけて、またその逆にお金をかけずにデザインでカバーをする箇所の見極めを行いながら、業務を進めています。

当たり前ですが、それこそが設計事務所の役割の一つだと考えています。


問い合わせにて、参考までの過去物件の坪単価をご提示する事も可能です。

坪単価に対して、疑問をお持ちの方に参考になればと思います。

042-981-8009

〒350-1103 埼玉県川越市霞ヶ関東3-4-2

〒350-1226 埼玉県日高市中沢519

©2020 by 坂利春建築研究所.