構造模型


こちらは現在、長野県で実施設計中の、土間の家の構造模型です。

通常は、ホワイト模型の製作で済ませてしまうのですが、

土間の家は「真壁」(内部にも柱が見える)なので製作しました。


真壁の逆は「大壁」といい、現在主流の建築空間となります。

(内部に柱が見えない空間)


弊所としては初めての真壁での建築なので、製作して良かったと思います。

木造の構造が図面では分からない箇所も明示されるので、

非常に重宝しています。


普段「大壁」に甘えていたな...と痛感しています。



土間の家はどちらかというと伝統建築の部類に属します。

他方で、現在埼玉県の滑川町で計画を進めている注文住宅は、近代建築の部類です。


弊所を設立して4年目となりますが、

まだまだ、弊所の「いろ(色)」が決まりません。

4年目なので当然ですが、多くの事を任せて頂いているので、特に気に留めていません。


住宅、店舗と異種で有りながら建築・インテリアとしては同様のものとなりますので、

これからも、ラインを引かずに色々とチャレンジさせて頂ければと思います。


その過程で、何十年後、弊所の「いろ(色)」が定まれば良いかなと。

もしかしたら、定まらない事が良い事かもしれませんが。


以上、土間の家の紹介でした。


042-981-8009

〒350-1226 埼玉県日高市中沢519

©2019 by 坂利春建築研究所.